『自分もいつか死ぬんだ』ということを本気で考えたことがありますか?(3)

 

埼玉県吉川市のカウンセラーふーみんです。
家庭(離婚・夫婦・親子)の解決、心理・精神薬卒業(断薬)のご相談をお受けしています。

 
 

 

私が緊急入院した次の日……
大きなニュースが入ってきた。

そう、大阪の地震のニュース。

私はまだなんとなく意識が朦朧としていたけれど、知人の多くが神戸で開かれるイベントに向かおうとしてFacebook上で情報交換していたので、ボーッとしながらもその大変さが伝わってきた。

知人の一人が新幹線に閉じ込められたという情報を見た。

その時だ。
私が突然、今ここにいるのは当たり前のことではないと思ったのが……。

鳥取から香川に出張に行っていた私は、土曜日の夕方、新幹線で岡山から家路についた。

新幹線に乗る頃はさほど具合も悪くなかったのだけれど、その車中でまた寒気を感じ始め、そして熱が上がってきた。

咳をすれば頭が痛い。
熱はどんどん上がる。
寒い。
息苦しくなってきた。

とにかくツラい。
早く帰りたい……。

そんな思いで東京に向かっていた。

もしあの時、新幹線が止まるような地震が起きていたら?
もし関西を越える前に地震が起きていたら?

あの状態、そして病院に運ばれた状態を考えたら、あの時もし新幹線に閉じ込められていたら、私は死んでいたかもしれない……

この時初めて、私は本気でそう思った。

自慢ではないけれど、もし新幹線が止まって缶詰になってしまっているようなシーンで、率先して「私、具合悪いんです!」と言える性格ではない。

だからって、どこまで我慢できていたんだろう?

救急車に乗った段階で、救急隊の人が既に
「この人、入院だな」
と判断したであろうような状態で、私はどうしていただろう?

しかも、それがもしかして全く知らない土地で起きていたかもしれない……

そんなことを考えたら、私は本当に、今、地元の病院で寝ていることも奇跡なのかもしれないと思うようになった。

つづきは(4)へ




----------------------------------------------------

あなたらしく生きられるようになりたい人を応援する
工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・生きづらさ解消法などのご相談、
あなたらしく人生を変えたい人のご相談をお受けしています^^


お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの種類と料金

メールでのお問い合わせは
コチラからどうぞ

お電話でのお問い合わせは
090-8680-3208

精神薬をやめたいというかたのご相談はコチラをご覧ください。
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)