私、デリカシーのない人は死ぬほど嫌いです。

シェアする

 

家庭問題・心理・断薬カウンセラーのふ~みんです。

昨日、ある人とFacebookのコメント欄で言い合いになり、彼女をブロックしました。
(ってFBでなくブログに書いたら、彼女に見つかるかもしれないね~(笑)
 でも、多分、本人が読んでもどうせ意味がわからないと思うので……www)

怒り満載なので、起きたことを細かく書いています。
心が狭いとか、頭に来たことをいちいち書くなんて幼稚だとか、何を言われてもそれが私なので、そんなことはどうでもいいです。
 
たまたま友人がリアルタイムでコメントのやり取りを見ていたのですが、それと同じように他の人も見ていたかもしれない。
 
でもそのやり取りだけじゃ、裏に何があったのか本当のことは全くわからずキョトンだったでしょう。
 
しかもやり取りの中で「カウンセラーのくせに」とか、私が一番キライな言葉を吐いて来たのですが、こういう人はそれをまたFBなどに書いて叩く……
というのを過去に何度もやられているため、今回は、何が起きたのかを私からきちんと書いておきます。
 
この記事は人の悪口満載のただの喧嘩記事なので(笑)、そういうのが嫌いな人はこの記事は読まないでください♪

昨夜は偶然、少なくとも二人の友人がそのやり取りをリアルタイムで見ていたと後に聞いたけれど……。

その二人が見ても、あまりにも私の言っていることが通じないコメントの応酬が起こりました。

まったく会話になってまいせんでした。
挙げ句、私が打ち込んだことは何も読んでないで、自分の主張ばかり……。

やり取りはその記事に対してのコメントの、読解力のなさに対してから始まったんだけど……

あまりに会話が成り立たないので、イラッとして、

私は「土曜日からあなたを怒っているんだけど」と言ったら

「私もよ」って返事が帰って来た。

……はぁ?
事情を知っている友人たちも、その返事にはあんぐり。

その事情とは……

実は、先週の土曜日にこんなことがありました。

水曜日の夜に13歳半のワンコを失いました。
もう「何度も聞いて耳タコだよ!」と思われると思いますが、一応、この記事で初めて私を知った人のために……ね^^;

3日後の土曜日、彼女からメッセージが届きました。

『ふーみーん❤
お願いがあるんだけどー』

もう、この出だしから「今、お願いなの? お願いされる体力ないよ?」って瞬時にゲンナリしたけどね……。

そのお願いの内容は
自分が舞台に上がる芝居にチケットを買って来てくれないか
というお誘いでした。

開催日を見たら週のど真ん中の水曜日。

まずはド平日なんだから、いくらこちらが自営業という頭があったにしろ、水曜日に都合がつくかどうかそれ聞けよ!って話。
「この日、空いていますか?」とかはどこにもない。
「ちょっと遠いけど都合ついたら来てね!」って、気遣っているように見せて、全く相手を気遣っていない一方的PR。

見た瞬間、殺意が芽生えたね……。

別に私、愛犬を失ったからって、いつまでも悲劇のヒロインぶっていようとか思っていませんし、私を特別扱いして❤ とか思っていません。
もうすっかり日常に戻っているし、普通に大笑いしていますしね。

ワンコを失った哀しみは、あとは自然に消化させて行けばいいと思っているので、哀しいとかしんどいとか寂しいと思ったときは正直に話すけれど、特別何か思いやってとかは全く思っていません。

でもね。
それは一週間以上経った今だから。

何度も言うけど、このメッセージが来たのは有事の3日後です。

先週の土曜日は本当は友人と約束がありました。
お仕事でもプライベートでもお世話になっている人で、お仕事の話をしてそのあと飲もうという約束をして、そりゃー楽しみにしていました。

小麦の火葬は木曜日に済ませていたし、金曜日からは皆、仕事に行き日常に戻ったので、土曜日は普通に会いに行きたかったのですが、どうにもこうにも体調よろしくなく……

胃痛・吐き気・食欲不振などがあり、まだまだ外で楽しく飲める状態じゃないなと判断し、延期させてもらうことにしたんですね。

それと、友人には話しませんでしたが、この日、娘が一人で留守番の予定だったのだけど、彼女を一人、家に置いておくのも可哀想だったんです。

ま、彼女は、「一人で留守番だったら、ちょっとしんどいから大学に行こうかな」って言っていたけれど、聞いてみるとあまりその気力もないもよう。

で、友人には大変申し訳なかったのだけれど約束を延期してもらい、久しぶりに娘とふたり、家に居るのもしんどいので、気晴らしの買い物に行ったんです。

メッセージが届いたのは、その買い物の途中でした。

もちろんね。
人の事情を全てわかるのは難しいので、「記事は読んでなかったのかなー」と思いました。

だから、内心は
「このデリカシーの無さは何!?」
とか思いつつ、でもそんな私もいい歳こいた大人なので、
「ごめん。
火・水・木は都合つけられないんだ
ごめんね。」
って、なんでごめんをふたつも付けたかわからないけれど(多分そのくらい精神的に弱っていたw)バカ丁寧にお断りの返事をしたんです。

そしたらまた、わけのわからないテンションで「ありがとー!」って。

もう、目の前にいたら絶対に殴ってたなと思ったかんね(笑)

私だって色々考えましたよ。

まぁ、記事を見ていなくて、思わず送っちゃったんだろうな。
その日程は18日(水)の話だから、小麦が死んで2週間も経てば心の傷も薄らいでいるだろうと思ったのかな。

自分を納得させるために、振り返ってわざわざ確認しました。

確かに彼女は小麦が息を引き取ったという記事にいいね!(哀しいね等含)がなかったし、それから土曜日までずっといいね!がなかった。
(見落としていなければ……)

だから、
「記事を見ていないのだ」「わからなかったのだ」
と、色々考えて、自分の気持を収めようとしていました。

でもね、気づいちゃったんです。

その前日……

小麦、急変で病院。
さっき一瞬、呼吸が止まったかと……がんばって……

と書いた記事と、夜中、

そりゃ、
今夜は寝れんよね……(苦笑)

の記事に『悲しいね』を押していることを……。

もしその後、土曜日まで全く記事を見ていなかったとしても……

火曜日に心臓が止まったんだよ?
いくら犬だからって、そうそう簡単に止まらないよ?

その日はなんとか持ちこたえたからって、その日から劇的な回復を遂げたとでも思ったの?
いい歳こいた女の想像力ってそんなもんなの???

で、そんなときになんで、他人の……しかもほぼ素人の舞台になんて、有料で誘われなきゃいけないわけ???

しかも出だしの「お願いがあるんだけどー」って……。

まぁさ。それでも、誘い自体が私の沈んだ心を慰めようという優しい気持ちだったのかな……とも思いましたよ。

別に彼女の変な感覚では、「金出して来いよ」でも、慰めの気持ちならそれはそれでもいいよ。

でもね……

こういう時って、断るのも面倒なんだよ!!!

もうこの日の出来事だけでも私は憤慨していたのに、昨日、彼女はコメント欄でまたわけのわからないコメントをして来ました。

ってか、そもそもそのFB記事を書いたのは、その人に対して「頭に来ている」ということも大半含まれていたのに、どうやらまーったくわかっていなかったようです。

FB記事、見たい人はコチラ^^
(全体公開記事なので、誰でも見られます。
 あ!アクセスついでに、友だちでない人やフォローしてない人は、友だちリクエストorフォローいただけると嬉しいです!w)

コメントのやり取りはもう消してしまったけれど、この記事に対して彼女から

今、泣きそうに感動しているのはそういうことなのかー。
ウケるー!

というコメントが入りました。

いや、「ウケるー」じゃねーし。
っつか、あんたのこと書いているのに、心当たりが全くないんだね?

で私は、「ウケるーの意味がわからないし」と返事したら、

実はMの号泣(私のブログ過去記事参照)につられて号泣したくらい、なんかうまくいかないことだらけなのよーん笑

この段階で「どーしたの? 何があったの?」って聞いて欲しいことは手に取るようにわかりましたが、私は既に頭に来ていたのでこの人と絡みたくなかったし、この空気の読めない……いや、ちゃんと日本語が読めない彼女に付き合いたくなかったので、

「全く意味がわかっていないから読み返して」

と返したんです。

そしたら

そうなんだ。
メンタルが弱ってるからじゃないんだ。

いや、そーじゃねーから!!!

もう本当に胸糞悪くなって来て、
「じゃなくて、言いたいことはわかるけど、この記事はそういうことを書いているんじゃない! もう一度ちゃんと読み返して!」

と言ったところ

なるほど。私が反応したのは5段落目までだわ。

…………………………………………。

もう言葉も返したくなかったので、「ひどいね」ボタンを押しました。

そしたら

なんで怒るのか不思議

ってまだ絡んで来る。いい加減黙れって!

でもね。この人は、黙るどころかどんどん主張を来る返してコメントが止まらなくなったんです。

だからブチ切れた私は、
「私は土曜日からあなたを怒っているのよ」
と言ったんですね。

そしたら彼女の返事が

わたしもそうよ

………………………………………………。Ω\ζ°)チーン

挙げ句、

カウンセラーならこんな公開の場でおかしくなーい?

はい。出ました。

「カウンセラーのくせに」「カウンセラーなんだから」というカウンセラーへの殺し文句。

嫌ならコメで延々と続けてないで、自分でメッセに切り替えればいいのにバカな女。

私、この言葉自体にかなり強くなっているからね。

「ワタシ、あなたのカウンセラーじゃないんでね」

って言ったら

べつにカウンセリング求めていませんし

じゃー、「カウンセラーのくせに」言うんじゃねーよ!

それでも私、一応ちゃんと説明しましたよ。

「だったらいいんじゃない?

愛犬の死で泣いている人間が、それでも有料の芝居の誘いをブチ切れもせずにていねいに断ったじゃない。
そういうの全くわかってないでしょ?」

と……。

でもその後も

カウンセラーになりたいわけでもない人に
全部理解してって 人間的にせまくなーい?
いろんな人がいるんだよ

と、何やら会話にならないことを何回か言ってきましたが、もう労力の無駄なので、

「最高に説明が面倒だから、もう切るね」

の言葉と共にブロックしました。

はい、確かに色んな人がいますね。
あなたの言う通りです。

こんなに日本語が通じない人がいるのかと、しかも相手の言っていることを何も聞き取ろうとせず、自分の主張ばかりして来る人がいるのかと、とても勉強になりました。

はい。

その『色んな人』の中に私も含まれるし、言われた通り私は人間的に狭いので、いらん悪口言われて『カウンセラーのくせに』とか叩かれるのも嫌なので、事実を書かせていただきました。

でもね。世の中色んな人がいるとは言え……

デリカシーのない人は死ぬほど嫌いですから!

人の振り見て我が振り直せ。

私も人に対して優しく関われるよう、もっともっと心配りできるような意識を強く持とう。

※このコメントのやり取りは削除はしていますがきちんとキャプチャを取ってあるので、今後何かをどこかで言われたとしても、事実に反することは一切ございません。

 

★お知らせ★
9月半ばに長崎(佐世保)~福岡に行きます。 はっきりした日程はまだ確定していないのでご相談に応じることができます。 その周辺でカウンセリングを受けたいかたはいらっしゃいますか?
2時間のセッションor対面カウンセリングのご希望があればお問い合わせフォームよりご連絡ください。

----------------------------------------------------

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・心の病の回復法・生きづらさ解消法などのご相談をお受けしています^^

こんな工藤史惠にスッキリバッサリと問題解決の手伝いをしてもらいた~い!
という方は、お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの料金などは下記をご覧ください。
対面カウンセリング
電話カウンセリング

メールでのお問い合わせはコチラから。

お電話でのお問い合わせは携帯の方が連絡がつきやすいので下記まで♪
090-8680-3208

↓ 生きづらさの原因がわかってしまう当オフイスの一番人気のカウンセリングはコチラ! ↓

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のHP

家庭問題相談はコチラ

精神薬の断薬・心の病についてのご相談はコチラ
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)

工藤史惠のfacebook

https://www.facebook.com/fumie.kudo

Facebookページ

【家庭(離婚・親子)問題/心の問題】解決カウンセリング

『断薬相談.com』~精神薬を断薬したい人と家族のためのカウンセリング

過去のブログはコチラ → Ameblo

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。