そろそろ私の話をする準備ができました ~気づけばバツ2になって1年が過ぎていたというお話~

 

埼玉県吉川市のカウンセラーふーみんです。
家庭(離婚・夫婦・親子)の解決、心理・精神薬卒業(断薬)のご相談をお受けしています。

 
 

しばらくの間、あまり私の個人的な話をしてこなかったのですが
(してただろって思う? できる範囲の話だけだったから、これでもしてない話の方が多かったのよ……😅)

やっと色々と準備が整って来たので、ここからしばらくは私の『どプライベート』な話をして行こうかと思います。

何の準備かって?

どのプラットフォーム(FBとかブログとか)に書こうかなんていう物理的な話もそうだけど、精神的に……の方が大きいかなぁ。

でも、ここを話さないと、普段思ったこととか気づいたことが発信しづらくてね。
なかなかしんどかったのですよ(笑)
(精神薬を断薬しようと思ったときもそうだったな~。なかなか断薬と向き合ってるってカミングアウトできなくて、あのときも苦しかったっけ。言っちゃえば全然大したことなかったんだけど😅)

で、やっと書こう!書きたい!という気分になったので、「別に私の個人的なことを話したって誰もそんなに驚かないし、痛くも痒くもあるのは私だけでしょ」って開き直って、超個人的なことを綴って行こうかと思います。

 

……と前置きが長くなりましたが……

もう知る人は結構前から知っていた話なんだけどね。
知らなかった人はビックリかな……😅

 

表題の通り、実はワタクシ、バツ2になってもう1年が過ぎています(笑)

なんと、25年……銀婚式が過ぎて数ヶ月後に籍を抜きました。

FBの個人情報のところはこっそり『独身』になっているんだけどね。
そんなとこ、きっとわざわざ見ないだろうから、気づく人もいなかったよね(笑)

まぁ、私から話していなくても、私の書き方で薄々気づいていた人もいたかとは思うけれど、直接聞いていない人は確信持てなかったよね。

これからは確信持ってください。

 

ワタクシ、1年前からバツ2の独身になっております😄
(だからって胸張って言うなw)

 

Facebookなんかじゃ皆さん、離婚直後に「離婚しました」って言う人が多いのに、なんで私はこれを今までサラッと言えなかったかと言うとね……。

いくつかの理由があります。

 

ひとつはリアルで繋がっている地元の人も多くて、(元)夫を知っている人も多いから。

え、なんで?って思う?

なんか、夫の方はSNSとか全くやってなくて、ほとんど仲間内にも公表していないのに、私だけが騒いで言うのもねっていうのがあってね。

 

しかも、今回の離婚は超円満離婚。

今でも普通に家族しているし、私、引っ越してないし(笑)
(と言ってもちょっと特殊な生活をしています。それについては後述します)

実は法律的(行政的?)な関係で言えば未だ『内縁の妻』だし!(爆)
(なんで正式な妻から内縁の妻……www)

 

今でも家族3人……元夫と私と娘と買い物歩いたり、ご飯食べに行ったりするし。

だから言わなきゃ言わないで別に困ることもないのに、わざわざ言うのもっていうのもあったんだよね。

 

なんか地元で生活している分には、今までも何も変わらなくていいかな~ってね。

娘にも離婚する(離婚した)っていうのは話したけれど、実際問題、籍をいつ抜いたのか、はたまた本当に抜いているのかすら、ハッキリ言ってないからきっとよくわかっていないと思う(笑)

私は前も今も変わらず工藤さんだしね。

 

それともうひとつは、私自身が『バツ2』という響きが嫌だった(笑)

私、なんか変なところでプライド高い人でね。
(学歴もないヤツで、よくそんなんでプライドなんて持てるねみたいな感じなのに😅)

なんか……バツ1はもう全然珍しくないから普通に言えてたんだけど、バツ2ってやっぱ……なんか、負け組なような気がしてね。
(私がバツ1になった28年前はバツ1も珍しい時代だったけどw)

バツ1ならともかくまたバツがつくなんて、学習能力ないのか?みたいなさ。
きっと私がそういう風に見ていたんだろうね。

だから、自分もそう見られるんじゃないかっていう懸念が心の片隅にあったんだと思う。

 

これ、私の中にトラウマ的なものもあると思うの。

昔から何か失敗すると「それ見たことか」って言う姉が目の前にいたからね。
また言われるんじゃないかという恐れ……

そんなものが大きかったんだと思います。

 

そんなことを私に言う姉もバツ1なんだけどね。

その次に「再婚する!」と騒いでいたエリート歯医者が居て、その人と結局再婚できなかったんだけど、でも、再婚してないからバツ2じゃないしね(笑)

姉はバツ1なのに私がバツ2だと、姉はそれだけでも私を蔑む。

実の姉にずっとそんな仕打ちをされて来たから、世の中の人みんなが私を蔑むんじゃないかっていう恐れがいつもあるんだよね。
(とか言って、姉とはもう25年も話をしてないんだけどさw)

 

そんなんで、自分が『バツ2』になるのが嫌だったんだと思います。

籍を抜くと決めたのは私なのに……外面だけ良くしていたかったんです。
そんな、ちっさいヤツなんです(苦笑)

 

前述の通り、あまり変わっていない部分が多いので、25年も送ってきた結婚生活が終わっている……と実感するのにも少し時間が必要だったような気がします。

とは言え……籍を抜こうと決めた理由が理由なので、もっと早く自覚せーよっていう話ではあるんだけどね。

なんか、頭ではわかっていても感情がなかなか整理できなかったのかもしれません。

 

1年が過ぎて……
やっと、以前のような形(特に気持ち)にはもう戻れないという確信ができてきて、生活も少しずつ変わってきて、その形が皆、慣れて来て……

ようやっと、ハッキリ話しておかないと返って邪魔くさいなという気持ちになって来たんだと思います。

 

今回の状況……。
わかりやすく離婚って書いたけれど、正直、何度書いても離婚っていう言葉はしっくり来ません。

一番しっくり来るのは卒婚かな。

石橋貴明と鈴木保奈美が「子育てが終わったから」と離婚されたけれど、それと同じような状況。

私たちはもう夫婦で居なくてもいいよねって、夫婦という役目が終わったので解消した……という状況が一番しっくり来るんだよね。

だから、こういうことを言うとまた『バツ2』という言葉に抵抗したくなるんだれど(笑)

ま、でも事実は事実なので……

最初の結婚10年目。
2度めの結婚では25年を過ぎて離婚。

56歳でバツ2と言う割には結婚生活長いよね(笑)

 

私も長い間離婚相談を受けて来たからよくわかるけど、離婚って言えばどちらかと言えば揉め事の方が多い。

でも私は本当に静かに離婚した。
離婚……というより、籍を抜いて独身になった。

それだけのことなんですよね。

 

あー、これを話せただけでもやっとスッキリした(笑)

さてと……。
長い結婚生活で感じてきたこととか離婚に至った経緯とか、その間に色々考えたこととか、今考えていることとか、思考がどう変わってどう自分の人生を選択するようになったのかとか……

そんなことが話しやすくなったので、これから少しずつお話して行きますね。




----------------------------------------------------

あなたらしく生きられるようになりたい人を応援する
工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・生きづらさ解消法などのご相談、
あなたらしく人生を変えたい人のご相談をお受けしています^^


お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの種類と料金

メールでのお問い合わせは
コチラからどうぞ

お電話でのお問い合わせは
090-8680-3208

精神薬をやめたいというかたのご相談はコチラをご覧ください。
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)