コロナとマスクと熱中症と……Part6

 

埼玉県吉川市のカウンセラーふーみんです。
家庭(離婚・夫婦・親子)の解決、心理・精神薬卒業(断薬)のご相談をお受けしています。

 
 

さてさて……近くの医院に行ったワタクシ。

電話でも説明したし、この医院は古い付き合いで、過去の私の脱水の経験は全て記録されている(はずである)。

加えて私の喘息の体質も熟知しているし、断薬したことも知っている。

ただ、断薬時にもちょっとしたいざこざがあった関係でもあり、その後も私が半端に知識があるので、そもそもここの医師は私のことが好きではない……ことは私も感じている(笑)

でも近いしね。
なんだかんだ行って付き合い長いから行っちゃうよね。

院内に入ったら、まず隔離……されるよね。
それは納得(笑)

簡易ベッドがあったから、だるい私としては助かった。

で、横になって待っていたら、看護師さんが来て、問診を始めた。

西武ドームであったこと話して……
まぁ、私の独特な表現で
「係員とマスクするしないで喧嘩したの」
って言葉を口にした。

それはそれだけ苦しかったってことを言いたかったから……

看護師が戻っていってしばらくして、今度は医師が入ってきた。

私の目の前でわざとのように仰々しくフェィスシールドして。

えっと……フェィスシールドもマスクも『人に移さないため』ってわかっていますか?と聞きたい状況。

どう見ても、私から移らないためにしている。

私どんだけひどい感染症やねん。
って私、熱中症って言ってるの!

で、入ってきていきなり医師が
「マスクするしないって喧嘩するって……
私たちが毎日どれだけ神経使ってコロナと向き合っているか……」
と私に説教を始めた。

いや、あなた、先月くらいに、マスクしてない状態で院内から出てきましたよね?
うちの娘、それを見て
「いくらなんでもマスクしなきゃいけない職業の人っているでしょ」
って笑ってツッコんでたよ?

そんな医師に私、今、説教されてますか?
と思いつつ……

「いや、それは苦しいからだし、別に人混み外れて言っているし、明らかにマスクして具合悪くなったからだし。
私、コロナの勉強に万単位出しています。
で、きちんと知識を得て行動しています」

……こういうことを言うから、私はこの医師に嫌われる(笑)
このときも嫌~な顔をした……けど黙った(笑)

で、「点滴を希望しているということですが、PCR検査は受けませんか?」と来た。

「え? この症状で検査?」

ってか……病院に来ているのに、私に受けるか受けないかって聞いてる?
自由診療ではなくて、医院に行って保険診療なのに完全任意?

この後も、わけのわからない会話は続いた。

 

Part7 へ →




----------------------------------------------------

あなたらしく生きられるようになりたい人を応援する
工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・生きづらさ解消法などのご相談、
あなたらしく人生を変えたい人のご相談をお受けしています^^


お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの種類と料金

メールでのお問い合わせは
コチラからどうぞ

お電話でのお問い合わせは
090-8680-3208

精神薬をやめたいというかたのご相談はコチラをご覧ください。
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)