コロナとマスクと熱中症と……Part1

 

埼玉県吉川市のカウンセラーふーみんです。
家庭(離婚・夫婦・親子)の解決、心理・精神薬卒業(断薬)のご相談をお受けしています。

 
 

愛しさと切なさと心強さと~♪みたいなタイトルで始まったこのコーナー。
長くなるので、連載とすることにしました。

さてさて……暑くなってからずっと「このクソ暑いときにマスクなんかしていると熱中症になるよ!」と書いて来た私。

すると、たまーに
「熱中症をマスクのせいにしたいのか!」とか
「マスクと熱中症は関係ない!」
なんてコメントをいただいていたけれど、私、実際に……


マスクをしていたせいで熱中症になった

という体験をしたので、詳しく記して行こうと思います。

※そーなのよ、そーなのよ。
25日の夜に熱中症になり高熱を出し、26日に点滴受けてたりしたのよー。。。
先月にも一度、隠れ脱水で高熱出したのに、この夏二度目の熱中症って……。

いい加減気をつけないと、夏は外に出られない人になりそうです。
とほほん

 

8月25日……
私は15時前から娘と西武ドームへ野球観戦のために出掛けた。
あそこはとても暑いのはよく知っているので、いつも冷感スプレーやお水も余分に持ち、その日は塩タブや水筒にもお茶を入れ、いつもより更に多めに水分補給できるようにしていた。

それにしても暑い。
とても蒸し暑い。

私はマスクをするととても息苦しくなってしまうので、基本的にノーマスクで生活している。

ただ、少しでも咳き込んだりするときは昨今の『咳エチケットを守る』という意識ですぐにマスクをつけるよう心がけてもいるので、必ずマスクは2枚ほど持ち歩いている。

その日は特に行き先が西武ドームで、噂で「マスクにはうるさい」と聞いていたので忘れることはできない。

11日にも観戦に行ったのだけど、その日は暑過ぎたせいか、入り口で体温チェックされた以外はそれほどうるさくは感じなかった。

でもこの日は違った。

少しでも外しているとすぐに係員が
「マスクはお持ちですか?」
「マスクしてください」
と来る。

そしてその注意の仕方が、そう言うように教育でもされているのか、
「他のお客さんから言われるんですよ」
と口々に言った。

私はこの言葉がとても嫌だなと思った。

注意する側がマスクをしなければいけない理由をきちんと述べるのではなく、「他の人が……」と言う。

「コレが一番トラブルにならないから」
とでも言われているのだろうか。

でもこういう言葉を言うから、どんどん同調圧力ばかり強くなり、みんなが疑心暗鬼になって、どんどん人間関係が悪くなって行くのだということに何故気づかないんだろう。

そんなことを思って球場に入り観戦を始めた。

 

Part2 へ →

 
 
 
----------------------------------------------------

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・心の病の回復法・生きづらさ解消法などのご相談をお受けしています^^

こんな工藤史惠にスッキリバッサリと問題解決の手伝いをしてもらいた~い!
という方は、お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの料金などは下記をご覧ください。
対面カウンセリング
電話カウンセリング

メールでのお問い合わせはコチラから。

お電話でのお問い合わせは携帯の方が連絡がつきやすいので下記まで♪
090-8680-3208

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のHP

精神薬の断薬・心の病についてのご相談はコチラ
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)

工藤史惠のfacebook

https://www.facebook.com/fumie.kudo

Facebookページ

【家庭(離婚・親子)問題/心の問題】解決カウンセリング

『断薬相談.com』~精神薬を断薬したい人と家族のためのカウンセリング

 

過去のブログはコチラ → Ameblo

Follow me!