コロナ用に作られた新生児シールドにカウンセラーとして強く恐怖を覚えているワケ

 

埼玉県吉川市のカウンセラーふーみんです。
家庭(離婚・夫婦・親子)の解決、心理・精神薬卒業(断薬)のご相談をお受けしています。

 
 

コロナ騒動が起きてしばらくはマスクが手に入らないと騒ぎになり、それが落ち着いて来たと思ったら……
緊急事態宣言が解除された今になって、フェイスシールドが注目を浴びて来ました。

そして、数日前から新生児用にといくつかの病院で配布され始めたというニュース。

赤ちゃんにも「感染対策」新生児向けの「フェイスシールド」を配布

これは大阪の病院のニュースですが、埼玉県の病院でもありました。

そして今度は一般発売もされるようで、こんなプレスリリースを見つけました。

新生児用フェイスシールドの国内生産・販売を開始 

 

画像は毎日新聞
新型コロナ
生まれたての命守るフェースシールド 愛知の会社が製造 体調観察しやすく

の記事内のものです。

 

マスクやフェイスシールドって何で必要なの?

さて、ここで考えてみてくださいね。

マスクやシールドは何のために必要だと言われているのでしょうか?

『人に飛沫を飛ばさないため』
ですよね?

じゃ、どうしてそうしなければならないの?と言えば、

『無症状でも自分が感染している可能性があり、移す可能性があるから』
と言われて来ましたよね?

決して
『自分が感染しないための予防に使うものではない』
ということは覚えていますか?

 

今一度、冷静に考えてみてください

私はずっと疑問に思っているのです。

新生児はコロナに感染している可能性ってあるの?
コロナって胎内感染ってあるわけ!?

本当に、新生児にフェイスシールドは必要なの!?

そして……

赤ちゃんはお母さんから免疫をもらって生まれて来るので、突発性湿疹になるまでは他の病気(感染症)はかからないって昔、教わった気がするんだけど、今はそんな話は都市伝説になったの???

私はどうしても理解できないのです。

誰か私に、本当に「なるほどー」と唸らせる理論で教えてください。。。

大人のやった感だけが満載の、考えなしの行動に新生児を巻き込むのって私は本当に反対なんです。
でも、どうしてもそれ以外の納得行く理由が見つけられないんです。

 

不要というだけではなく、こんな問題点も

赤ちゃんって頭が柔らかいですよね。
そんな柔らかい頭になにか物を巻いてしまうって危険ではないのでしょうか?

また、赤ちゃんはじっと寝ているばかりではなく、頭や顔や手を動かします。
硬いものを顔に付けているのは、本当に危険ではないのでしょうか?

お父さん、お母さん、
いつも赤ちゃんに目を配っていられますか?

赤ちゃんの変化に気づけますか?

赤ちゃんは大きな声で泣きますよね。
その時、空気をいっぱい必要とするものですよ?

 

そして、カウンセラーとして一番懸念しているところは……

赤ちゃんって、いっぱい空気を吸うために生まれてすぐに大声で泣きます。
所謂『産声』ですね。

生まれてすぐ以降も、空気が必要なのは人間としては当然のことです。

なのに、知らないうちに顔の前に何かを付けられ、息苦しく暑苦しい。

透明だから前が見えるとか見えないとかそんなのは関係なく、圧迫感や恐怖感を抱いているのではないかと思うのです。

だって、大人だってあんなものを付けたら圧迫感ありますよね?

赤ちゃんはやっと世の中に出て来られたと思ったら生まれてすぐにあんなものを付けられるのですから、苦しくて怖くて仕方ないと思います。

 

その影響から、知らず知らずのうちに恐怖感などが潜在意識に刷り込まれて

大人になってから閉所恐怖症などになる可能性もあるんじゃないか

ということを、私は本当に恐れているのです。

 

何かわからないものが目の前に来たら、怖いと感じたり、閉塞感を覚えたり……
もし、そんな風になってしまったとしても、その人の記憶には何もない。

新生児の頃の経験ですから、どう考えてみても何が原因でそんな風になってしまったのか、心当たりが全くない状態になります。

自分ではどんなに考えてもわからないので、親に
「自分が赤ちゃんの頃に何かなかった?」
って聞いても、この話はきっと出てこないでしょう。

何故なら

親は赤ちゃんのためにいいことをしている

と疑わずにやっているので、悪影響を及ぼすなんて頭の片隅にもないためもちろん罪悪感なんて微塵もない。
ということは、親も記憶に残っていない可能性が大きいのです。

 

赤ちゃんのためにやっていることが、もしかして大人になってから影響があるかもしれない……

そんなことを考えたことがありますか?
そんなことまで考えて、親としてどうしたらいいかをきちんと考えていますか?

 

親がしていることって目先のことだけではないんです。

今していることが、子どもの未来まで変えてしまうかもしれません。

何か圧迫されるようなことがあったら苦しい・怖いと感じる。
でも、その恐怖感の原因がわからない……

そんな風になっても、何の心当たりも解決方法もみつからないから、これはきっと心の病なのだ……という判断で、気づいたら精神病院に行って意味もなく薬付けに……

なんてなってしまう可能性だってあるんですよ!?

今、かかりもしないコロナを防いであげようと思ってやっていることが、もっともっと後になって大切な我が子の将来を変えてしまうことになりかねないんです。

もう一度考えてください。

赤ちゃんにつけているそのフェイスシールド……

本当に必要なものですか?

 

それでもどうしても不安でしたら、いつでもご相談に乗ります。
どうして不要なのか、今一度きちんとご説明します。

お気軽にご連絡ください。

 
 
 
----------------------------------------------------

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・心の病の回復法・生きづらさ解消法などのご相談をお受けしています^^

こんな工藤史惠にスッキリバッサリと問題解決の手伝いをしてもらいた~い!
という方は、お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの料金などは下記をご覧ください。
対面カウンセリング
電話カウンセリング

メールでのお問い合わせはコチラから。

お電話でのお問い合わせは携帯の方が連絡がつきやすいので下記まで♪
090-8680-3208

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のHP

精神薬の断薬・心の病についてのご相談はコチラ
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)

工藤史惠のfacebook

https://www.facebook.com/fumie.kudo

Facebookページ

【家庭(離婚・親子)問題/心の問題】解決カウンセリング

『断薬相談.com』~精神薬を断薬したい人と家族のためのカウンセリング

 

過去のブログはコチラ → Ameblo

Follow me!