私が幹事をやる理由

シェアする

 

埼玉県吉川市のカウンセラーふーみんです。
家庭(離婚・夫婦・親子)の解決、心理・精神薬卒業(断薬)のご相談をお受けしています。

 
 

今年は思いもかけず幹事づいている1年となった。

かさこ塾関係では、4月に入塾したばかりだというのに、年末の忘年会を入れると3回めの幹事。
地元に招致したブログ術講義も幹事的よねと考えると4回めになる^^;

その他、今年は計らずも中学のクラス会の幹事の順番でもあり……。

他の企画も入れると、いつも何かしら皆に調整の連絡を取っていて、気づくとまぁ、本当にたくさん人のお世話をしている年になってしまった。

「根っからの幹事体質ですから^^」
とよく言っているけれど、実はそんなに「好きだ」ってほどではないのよ。
そこまで暇なわけでもないしね(笑)

私だって本当は楽な方がいいし、誰かがやってくれたことに乗っかった方が楽でいい。

ただ、いくつか大きな理由があって、色々と幹事をやったり企画を呼びかけたりしてるんですよねー。
よく、「なんでそんなに幹事やるの?」と聞かれるので、今回はそれについて書いてみようと思います。

極度の人見知りのため幹事をやる

私はこう見えて極度の人見知り。
こう言うと驚かれるけど、いや、この度合いが酷すぎる(笑)

特に、集団の場所に入るのが大嫌い。
怖くて仕方ない、というレベルで苦手。

大体、大きなセミナーなどは一言も喋らず、交流って何ですか?状態でそそくさと帰ってくる事が多い。

だから、どこかの何かに参加したいと思っても、誰一人と言葉を交わすことなく帰ることも覚悟で参加をする。
(かさこ塾の1回めも例に漏れず、誰ともしゃべらないで帰りました~w)

溶け込むと、一気に存在感が増す人なので、存在感がなかったときの私に気づいている人がいないほど、私は透明人間になる。

でも、それを何回も繰り返しているのはさすがにしんどい。
だからと言って、何も気にせずその場に参加するのも苦痛。
どうしても人に話しかけられずポツンとしてしまうことが多いのだけど、実はそれも苦痛。
(先日、かさこ塾の再受講に行ったのだけども、そのときも交流会ではポツンと一人で立っていた時間があり、知らない人に話しかけてもらったという始末ー(笑))

だったら、自分でそこにいるべき役割を作ってしまうということをいつの頃からか考えるようになった。

役割があったらそこに居ても誰にも邪魔にされない。
用があれば自分から話しかけなくても相手から話しかけてくれる。

私にとって、こんな役得はないのだ。

やりたいと思うことをやってくれないなら企画してしまえ

「こんな風に楽しいことがあったらいいのに」

そんな風に思っても、なかなか自分の都合のいい企画なんてない。

しかも、上記の通り、多くの人が集まる企画はどうしてもおどおどしてしまうので、企画があったとしても気にせず参加できるかどうかわからない。

だったら自分が企画して幹事をすれば安心して参加できるじゃーん!
ということで、いろいろ企画して乗っかってくれる人を探しては、自然と調整役(=幹事)をするようになったというわけ。

だからこれはとても自然な流れでこうなったんですよねー。

人のプラットフォームを借りるお礼

かさこ塾関連で何度も幹事をやっている私。
中には、かさこさんに媚を売っていると思っている人もいるでしょう。

でも、私、人間関係においては極度の面倒くさがりなので、そんな、自分が肉体労働をしてまで媚びを売るなんてことはしない。

じゃ、なんで、かさこ塾関係の幹事をこんなに何回もやっているの?と言うと、
「かさこさんのプラットフォームをお借りして楽しむ権利をいただくお礼」
と私は位置づけている。

『かさこ塾』と名がつくものは、かさこさんがその人脈を創り上げたもの。
私はそんな人脈も基盤もない。

私がそんな人脈やらを持っていたら、逆に
「誰か幹事やっとくれ~」
って言うよ、きっと(笑)

でも、そんなものはないし、そこにいる人たちと楽しいことをさせてもらう許可をいただいたのだから、その分、働いて返しますね~的な気持ちが強い。

今回の忘年会も、ちらっと
「ねぇ、かさこさん、忘年会やらないの?」
と、ひと言振ったら
「やりますかー?」
って、かさこんが返事をしてくれた。

ということは、それで
「自分のプラットフォームを使っていいよー」
と許可をくれたということ。

だったら
「んじゃ、私、幹事やりますから、忘年会やりましょーよー」
と言うのが私の自然な流れ。
それで話がまとまったというわけ。

だってここで黙って待っていても、かさこさんが幹事やってくれるわけじゃないのはわかりきっているもんね?(笑)
そしたら忘年会企画自体が流れてしまうかもしれないじゃない?

そんなのせっかく、やる気になってくれたのにもったいないじゃない!

かさこ塾の仲間と忘年会あったら楽しいだろうなー。
誰かやってくれないかなー。
えー、今年は忘年会ないのー?
かさこさん、言い出してくれないかなー。

なんて思っている間に年が明けちゃうよね?

そんなウジウジ思っている間に、「やろうよー。手伝うからー」って言ったほうが楽しいことが増えるでしょ?

ってな感じです。

まとめ

結局のところはね。
自分のためにやっているってわけ(笑)

まぁ、こうひと言で言っちゃえば元も子もないんだけどね^^;

でも、自分のためとか言ってもね……。

今年、私の誕生日が過ぎるまで、今年がこんな風になるとは予想もしていなかった。
それが、気がついたらかさこ塾の皆さんと知り合ってとっても楽しい1年になっていた。

安心して『仲間』と言える同期生に恵まれたり、最初は「先輩!」って恐れていた人たち(失礼w)にも仲良くしてもらって、本当に驚くほど人との繋がりが増えて、地方に行ってもお世話になれている。

だから、やるなら参加してくださる皆さんに喜んでいただきたいから、一生懸命お店を探す。多人数になると、店にも迷惑をかけないようにと連絡も大変。
それでも、お店のかたにも使ってもらってよかったと思ってもらいたいから、最善を尽くす。

以前、打ち上げの幹事をやったときは、7~8回お店に電話したなぁ(笑)

その会に関わった皆が『良かった』と思ってもらえるようにはしたいと思うから、やるからには手は抜かない。

だから、終わってみるとあんまり楽しんだ感覚も残ってないんだけど……(笑)
それまで、お店を選ぶ特権とか持たせてもらっているからそれでいいかなーと。

でも……今年、あんまりやり過ぎて疲れたので、来年はちょいと控えます。
(そうしようと今は思っていますw
 きっと新しいメンバーの方に、私以上の幹事体質の人がいるはず……と期待w)

特に、クラス会の幹事は、FB関係の幹事より連絡手段が多くて大変だったんだよー!
みんないい加減、スマホにしてくれよー!(;・∀・)

あ、クラス会に関しては、ただ順番が回って来てしまったのでやったというだけですよ(笑)
町内会の役員みたいなもんですw
これでまたしばらくやらなくていいから、気楽、気楽♪
(でも、古い名簿を作り直すという手間をわざわざ掛けてしまう、やっぱり私は根っから幹事体質なのか?……^^;)

----------------------------------------------------

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のカウンセリング

離婚相談・親子問題などの家庭問題解決・向精神薬の断薬相談(精神科からの卒業)・心の病の回復法・生きづらさ解消法などのご相談をお受けしています^^

こんな工藤史惠にスッキリバッサリと問題解決の手伝いをしてもらいた~い!
という方は、お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングの料金などは下記をご覧ください。
対面カウンセリング
電話カウンセリング

メールでのお問い合わせはコチラから。

お電話でのお問い合わせは携帯の方が連絡がつきやすいので下記まで♪
090-8680-3208

家庭問題/心理/断薬カウンセラー 工藤史惠のHP

精神薬の断薬・心の病についてのご相談はコチラ
(ブログには断薬にお役立ちな情報も^^)

工藤史惠のfacebook

https://www.facebook.com/fumie.kudo

Facebookページ

【家庭(離婚・親子)問題/心の問題】解決カウンセリング

『断薬相談.com』~精神薬を断薬したい人と家族のためのカウンセリング

過去のブログはコチラ → Ameblo

このブログをフォローする

メールアドレスを記入すれば、メールでこのブログの更新情報を受け取れます。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。