プロフィール

シェアする

こんにちは。

カウンセラーの工藤史惠です。

2008年より、家庭問題(離婚相談・夫婦・親子問題)専門のカウンセラーとして活動を始め、2014年からは、心の病と向精神薬の断薬のアドバイスも加わり、現在は家庭問題・心理・断薬カウンセラーとして活動をしている。

昭和40年2月25日生。千葉県生まれ埼玉育ち。
19歳で青森に嫁ぎ、23歳で出産。
今で言う「DV夫」と戦いながらの10年間で、28歳で離婚。

最初は5歳の娘を連れて出たものの、離婚時に何の知識もなく離婚してしまったため、離婚後に大騒動。
まともな生活も送れない状態にまでなり、このままではいけない……と、もう一度話し合いをした後、最終的に相手側に子どもを託すことになる。

子どもと離れて、丸1年泣き暮らした後、少しずつ、自分を取り戻して行き、2年後に今の夫と再婚。
31歳で次女を出産。

私の母親が、病気で残された時間が少なかったこと、主人の仕事と父親の仕事がたまたま同じような職種だったため、一緒に仕事をしようとなったこと……等を理由に、次女の1ヶ月検診を待ち、埼玉の実家の近くに戻る。

めちゃくちゃに働いた30代。
働き過ぎから、うつ病になり、次女が幼稚園の年長の時に1年間の引きこもり生活も体験。

子どものためにも「このままじゃいけない」と、少しずつ時間を掛け、やっと「うつ病」と言われてから、丸2年かけて社会復帰。

復帰場所は市役所の臨時職員。
それから、市役所内の市民課・課税課・社会福祉課などを臨時職員・非常勤職員として、様々な業務を経験。

市役所にいる時に、相談に来られる市民の方を見て「こんなにも相談したがっている人が居るんだ」と実感し、たまたま見つけた「離婚カウンセラー」という文字に「これだ!」と直感し、この資格を取得、活動開始。

離婚相談を多く経験して行くうちに、
「ほとんどの方が、家庭問題、離婚問題で、心も疲れている」
と分かり、心理カウンセラー資格を取得して活動。

数々の経験から、様々な専門家の方達と知り合え、今では弁護士・行政書士・税理士・不動産屋・探偵などなど、協力なバックアップ体制のもと、
「クライアントの問題解決を全力でバックアップする!」
をモットーに、クライアントのお話を伺いアドバイスをしている。

実は……一度うつ病になったあと、克服したと思ったのも束の間、ひどい不眠症に陥り、長い間睡眠薬を服用して睡眠し仕事を続ける毎日を送っていた。

気づくとどんどん動けなくなり、仕事のを続けるのもキツイ状態に。
なんとなく本能的に「このまま薬を飲んでいたら死ぬかも」と思い、一念発起して断薬を決意。

そこからひどい禁断症状と闘い、断薬を果たし、本格的社会復帰をしました。
その経験を活かし、現在では、向精神薬の断薬のアドバイスのほか、精神薬や心の病のメカニズムのセミナーなども開催している。

メディア実績:
コチラでご覧いただけます。

その他:
セミナー・講演会
2009年~ 家庭問題についての勉強会などの登壇多数
2014年~ 向精神薬の危険性・心の病についての登壇多数

保有資格:
離婚カウンセラー(平成19年10月取得)
ネットいじめ対応アドバイザー(平成22年4月取得)
メンタル心理カウンセラー(平成22年9月取得)
パパママカウンセラーインストラクター(平成27年8月)
心理療法士(ゲシュタルトセラピー)養成講座(平成28年4月11日修了)

シェアする

フォローする